こっしーのドリーム図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっしーのドリーム図書館

本の要約と感じたことを発信しています。

人と比較ばかりしてきた僕が自由になれた理由

こんばんは。

ついにコートを解禁してしまった越川です。

 

いやでも僕にはまだダウンジャケットがある。

大丈夫。

まだ冬は越せる。

 

そう信じております。笑

 

 

今日は本の日です。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108204755j:plain

 

今日の本は青木仁志さんの「一生折れない自信のつくり方」

という本です。

 

何故この本を読もうと思ったのかというと

一生折れない自信を付けたかったからです。笑

そのままですね。笑

最近は自信がついてきましたが、

時折自信が無くなってしまう時があるので

僕も一生折れない自信を身に着けたいと思い、購入しました。

 

 

やはり自信を持っている自分の方が好きだし

生きていて楽しいです。

 

皆さんは自信がありますか?

 

 

では要約参りましょう!

自信とは主張ではなく、積み上げていくものです。

主張とは虚の世界、自信は実際に実行したことの連続で生まれます。

自信は自分を信じる心です。自分で育てなくていけません。

 

自分で育てた自信は強く、他者に与えられた自信は脆いです。

 

そもそも自信のある人とはどのような人の事なのでしょうか?

✔成功体験・突破体験がある人

✔自分が好き

✔誰にも負けない得意分野を持っている

✔ポジティブ思考

✔目的・目標を持ち、毎日一生懸命生きている

 

まあ人によって捉え方は様々だと思います。

 

 

自信の作り方

先程自信のある人とはどのような人かを挙げましたが

上記が自信のある人だと思う人もいればそうでない人もいます。

 

つまり自信とは解釈なのです。

 

「自分」という人間をどのように捉えるか

どのように解釈するかによって

自分の価値や評価、役割は違って見えてきます。

 

自信とは自分を信じる訳ですから、

条件を満たして

 

「合格。あなたは自信を持つことを許します!」

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108210808p:plain

 

 

とはなりませんよね。

 

自信がある、ないは人が決めるのではなく、自分が決めるのです。

 

自分に自信を付けたいのであれば、

「自分には出来る」とプラスの思い込みが重要です。

 

しかしプラスの思い込みは簡単に持てません。

なぜなら思い込みは「自己イメージ」によって決められていくからです。

 

 

自己イメージとは、

自分で自分をどのように見ているのかという「自分像」のことです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108211359j:plain

 

自己イメージの本質は

これまで自分の力で物事を成し遂げてきた体験の数です。

高い自己イメージを持つ人ほど、自分のことが好きで

子供の頃から多くの成功体験をしています。

 

逆に自信のない人は自分が嫌いで、そのような経験が少ないそうです。

現に僕も人前で話すことが大嫌いでした。

しかし数を重ねていくうちに成功体験・突破体験をし、

今では人前で話すのが大好きになったし、自信を持てるようになりました。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108211601j:plain

 

自信のもととなる「自己イメージ」を高めるためには

成功・突破体験の体験の量と質を増やしていくしかありません。

 

小さな成功・突破体験を積み上げて

一生折れない「大きな自信」に育てていくのです。

 

 

自己イメージを高める方法

自己イメージを高める方法とは

小さな成功・突破体験を積み上げるという事を述べました。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108211953j:plain

 

ではその小さな成功・突破体験を積み上げる為には

どうすればいいのでしょうか。

 

その為には自己イメージの中核を知っておく必要があります。

 

自己イメージの中核とは自己愛(セルフラブ)です。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108212154j:plain

 

これは「自己イメージが高い人ほど自分が好き」

という事実を思い出してもらえれば納得がいくと思います。

 

自己愛は自分を信じることに繋がります。

自分の力を信じるという事は、

他者に依存しない自立した人生のことです。

 

生きていくためには自信が欠かせません。

それは「自信」を「自己信頼感」

という言葉に置き換えてみると分かりやすいでしょう。

 

自己信頼感を高めるには「すべては自分が源」と考えて

高い自己イメージを持つことが重要です。

その為には自分で決めた目標を日々実践することです。

 

 

目標達成をするためには

目標を達成する為には高い目標にしないことです。

高い目標を立ててしまうと、毎日続けるのが難しく、

俺はダメだと思ってしまい、返って逆効果の為、

少し頑張ればできそうだなと思う目標設定が重要です。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108212516j:plain

 

ここで注意しなくてはならないのが目標の奴隷にならないことです。

 

しっかりと目的を持ち、その上での目標設定が重要です。

目的を忘れてしまっては、目標も意味が無くなってしまいます。

 

目標はその先にある目的の為に達成するべきものです。

例えば甲子園に行くという目的を持って野球部に入部した子が

試合に出るために毎朝5時から10キロ走ることを目標にして

朝練をしていたとしましょう。

 

毎日続けていくと、疲れがたまり、

本練習で上手く結果が出なくなってしまいます。

そうすると目的を見失い、

何のために練習をしているのか分からなくなってしまいます。

 

それだとどうでしょう。

甲子園に出る為に練習をしていたはずが、

いつの間にか朝練をするために学校へ来ているという状態で

肝心の本練習に力が入らなくなってしまいます。

本末転倒ですよね。

 

 

常に目的を見失わず

何の為にこの行動をしているのかを頭に置いておかなくてはなりません。

 

 

人と比べない

これはよくあることだと思うのですが、

せっかくモチベーションが上がって頑張っているのに

周りと比べてしまって、自信を無くしてしまう人をよく見ます。

 

自信のつくり方で紹介したように、

自分の自信は人が決めるのではなく、自分で決めます。

 

人と比べるのではなく、自分と比べてどうだったかを判断することです。

 

 

皆さんご存知のイソップ童話「うさぎとかめ」

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108205619p:plain

 

うさぎはなぜかめに負けてしまったのでしょうか。

うさぎはかめを見てしまったから負けたのです。

 

力の差で行ったら圧倒的にうさぎの方が上です。

うさぎはかめを見て余裕を持ち、手を抜いてしまったから負けたのです。

一方でかめは例え力が離れていようと、

自分のゴールを常に見続けた結果うさぎに勝つことが出来たのです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108212844p:plain

 

 

うさぎがもしチーターと競走したどうでしょう。

おそらく自信喪失してしまうと思います。

しかしかめは例えチーターでも

自分のペースで常にゴールを見て走るのではないでしょうか。

 

 

別に勝たなくてもいいのです。

自分が強くなれればいいのです。

 

 

ついこの間、後輩から

「周りの人のレベルが高くて・・・」

と言っていました。

彼はいいところがたくさんあるのに、周りと比較ばかりしていました。

 

彼に対して、

「人と比べるなよ。自分が強くなれればいいじゃん。」

とアドバイスしたところ、やる気を取り戻してくれました。

 

それだけ人と比べてしまうと、自分のモチベーションが低下してしまいます。

単純に考えてみてください。

 

例えばスポーツで

「体力に自信があります。」

という人がどれだけいるでしょうか。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108213031j:plain

 

もし彼らが人と比べる癖があったら、体力で自信がある人は

世界で一番体力がある人だけになってしまいます。笑

 

しかしそうならないのは彼らが人と比べず、

自分のゴールを常に見続けてきた結果だからではないでしょうか。

 

 

上記で説明した通り、

他人からの自信は脆く、自分で積み上げた自信は強いのです。

なので他人と比べるのではなく、自分自身に目を向けて

自己評価をすればいいのです。

 

自分に正直に生きれば自信が付き、人にどういわれようが気にしなくなります。

人の評価を気にしているから人に言われたときに気にしてしまうのです。

 

自信を作るには自分を認め、小さな成功・突破体験を通して

人と比べずに自分に正直に生きれば自信は付いてくるのです。

 

以上が要約です。

 

 

僕は高校時代、人の評価をとにかく気にする人間でした。

僕は野球が上手くなかったので、

行動で評価をしてもらおうとしていました。

 

更に、人と比べる性格の為、

あいつがメンバーでなんで俺は・・・

といつも思っていました。

 

人の評価で生きているので、自信が無かったし、

すぐ一喜一憂してしまう人間でした。

 

僕はそんな自分が嫌いでした。

本心でないことで動いているし、

 

「人の評価を気にして生きるいい子ちゃん」

 

と先生によく言われました。

 

 

でも今は自分に正直に生きています。

毎日本や新聞を読んでブログにアップするという目標を元に

毎日生きています。

ちゃんと目標の奴隷にならないように、

その先に本を書くということと、プロスピーカーになるという

事を踏まえた上での目標なので、とても楽しいです。

 

だから文を書くことにも自信が出てきました。

でも僕より上手い人はたくさんいます。

もちろん彼らを参考にはしていますが、比較はしていません。

 

上手い人は上手いんです。笑

それでいいじゃないですか。自分も上手くなれば。

 

自分が彼らを憎んだところで彼らが下手になるわけでもないし

自分が上達するわけではありません。

むしろ上手い人が増えれば日本が良くなると思いませんか?

自分の住んでいる場所が良くなるなんてこんないいことはないでしょう。

 

だから僕は僕のペースで、僕なりのやり方を貫き通していきます。

 

そして睡眠チェック!!

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108204148j:plain

 

実は今日も二度寝をしてしまいました。

今日は7時45分にアラームをかけていたのですが

見て分かるとおりに、45分ごろにアラームを止めてから

急に睡眠が深くなっていくのが分かります。

 

これが二度寝が気持ちよく感じ、途中で起きれなくなる原因なんですね。

二度寝の恐ろしさを感じております。笑

 

明日はしないように頑張ります。笑

 

では今日はこの辺で

 

こっしー