こっしーのドリーム図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっしーのドリーム図書館

本の要約と感じたことを発信しています。

上司に「カメラを売ってこい!」と言われました。あなたならどう売りますか?

f:id:sepatakuro-0207:20161021235415j:plain

んばんは!

ポッキーよりトッポ派の越川です。

 

皆さんはどちらでしょうか?

 

あ、そういえば

ポッキーのチョコがかかっていない部分って

プリッツだったんですね!笑

 

割と最近知りました笑

 

 

今日は新聞の日です!

では要約参りましょう!

 

要約

日の記事はライフスタイルの記事です。

パナソニックが新たな市場に参入しています。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161111220508j:plain

 

それはドライブレコーダー業界です。

 

ドライブレコーダーとは

車のフロントミラー近くに取り付け、

運転中に前方の映像を記録するものです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161111220535j:plain

(恐らくコイツ)

 

 

これがあることで万が一の事故の際、

証拠映像として記録することが出来ます。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161111220845j:plain

 

そしてパナソニックの商品がコチラ!!

 

「CA-XDR51D」

 

f:id:sepatakuro-0207:20161111220730j:plain

 

・・・ってなんぞや

 

ということで軽く紹介すると

 

これまでパナソニックが培ってきた

ノウハウを生かした高機能カメラが特徴で

 

1秒当たりの記録コマ数は

通常の7割増の55コマと

映像を細かく認識、

時速100キロを超える高速走行

でも滑らかな録画が可能です。

 

また屋内やトンネルなど

明暗差のある場面でも昼夜問わず

自然色に近い映像を録画することが

可能です。

 

しかし今は参入企業が増えてきており、

メーカー数は60社を超えて生きているそうです。

 

これからどうするん?

製品を認知している

ドライバーにおける保有率は16%で

年代別に見ると、50代が19%と

最も高かったそうです。

 

その為、認知度の高い年代を中心に

性能や価格のバランス、

メーカーや販売店での認知度向上に向けた

取り組みをしていくそうです。

 

以上が要約です。

 

 

しかしこれだけ見ても

カメラに詳しい人なら分かるかもしれませんが、

僕などのカメラに関して詳しくない人は

正直性能がピンと来ないような気がします。

 

さて皆さんならこのカメラをどう売りますか?

営業が上手い人はどんな商品でも売ってしまいます。

 

営業が上手い人は”あること”をしています 

 

特徴とベネフィット

さんは何か買う時に店員から営業トークを

されると思うのですが、

よくこのような店員いませんか?

 

「このカメラは○○画素で、

最新の技術を搭載しており、

とてもお買い得な商品なんです~」

 

みたいな。

・・・

 

で?

 

f:id:sepatakuro-0207:20161031183524j:plain

 

って言う感じだと思います。

 

商品の特徴を話していますよね。

 

ここで重要なのがベネフィットです。

ベネフィットとは

その商品を使うことで得られるメリットのことです。

 

今回のカメラの例でいうと

店:お客様何か趣味とかはありますか?

客:あー。登山が好きですね。

店:そうなんですか~!

  ちなみに何故登山がお好きなんですか?

客:景色を見るのが好きなんだよ

店:そうなんですか!

  でしたらその景色をきれいに撮れたらよくないですか?

客:そうだね。

店:でしたらこのカメラがオススメですよ。

  このカメラは画素数が○○なんです。

  なのでその景色をきれいに残すことが出来ますよ!

  このカメラならこんな感じに撮ることが出来ます

 

f:id:sepatakuro-0207:20161111221653j:plain

  そしたら登山の楽しみ方も増えるのではないでしょうか?

 

みたいな。

前者はカメラの特徴だけを言っていましたが

後者はカメラのベネフィットを伝えていますね。

 

こういったようにベネフィットを提示して

客にカメラを使うことのイメージを描く。

そうすることで客は使っている姿を

想像することが出来るのです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161111222117j:plain

 

ちなみにさっきの後者の提案も

結局特徴を元に営業してね?

と思った方。

 

確かにそうですね。

でも特徴を伝えないと、

その商品を売る意味が無いと思ったんですよね。

 

だって特徴が無かったら他の商品でもいい訳なので、、

だから特徴も大事ではあります。

 

しかし全ての客に対して

ベネフィットを伝えればいいという訳ではありません。

特徴だけを伝えた方が効果的な場合もあります。

 

それはその商品に詳しい人です。

 

詳しい人は商品については詳しいので

カメラのベネフィットは理解しています。

その為、特徴を伝えた方が

勝手にイメージをしてくれるので、刺さりやすいのです。

 

素人の客はそのカメラを使うことのメリットが

分からないからベネフィットを伝える必要があるのです。

 

営業が上手い人は

この特徴とベネフィットをうまく使い分け、

顧客に営業をかけているのです。

 

ちなみにみなさん。

何で営業をすると思いますか?

 

それは客に商品を購入してもらうために必要だからです。

企業は利益を得るためには売上を上げる必要があります。

 

売上は客数×単価×リピートで構成されます。

例えば1年で100万円の売上を上げたい場合、

100万円=100×1000×10

だとしますね。

 

まあ中の数字は何でもいいです笑

 

ここでポイントなのが、客です。

ここでいうと、1000円のサービスを10回買ってくれる客を

100人集めなくてはいけないのです。

 

ただ100人じゃないですよ。

 

10回買ってくれる人を100人ですよ。

 

その為にはリピートしてもらう必要があります。

ここで必要なのが営業なのです。

 

売上を練り上げる三要素

売上を練り上げる三要素は

集客・営業・リピートです。

 

経営を安定させるためにはリピート客を作る事が重要です。

 

まず集客をして見込み客を獲得します。

そして営業をして実際に購入してもらいます。

ここでの顧客は新規顧客になります。

最後にリピートの戦略を打ってリピート客になってもらう。

 

これがリピートを作るまでの流れです。

 

これを知っておかないと、

客に正しいアプローチが出来ません。

 

例えば新規顧客に対してリピートの提案をしてしまったり笑

 

店:いらっしゃいませ~

客:○○を探しに来たんですけど

店:お客様!

それよりこちらの次回から使えるクーポン券はいかがでしょうか~?

客:は?

 

f:id:sepatakuro-0207:20161031183524j:plain

 

みたいな。笑

 

まずお客さんには商品を買ってもらわないと

リピーターにはなってもらえないので、

営業はとても重要です。

 

その営業を効果的に行うために

特徴とベネフィットをうまく使い分けるのが

必要なのです。

 

 

 まとめ

企業は利益を追求する為には

売上をあげなければならない。

 

その為には

リピート客をいかに獲得するかが重要。

 

その流れは

集客→営業→リピート

であり、顧客に商品を購入してもらわないと

リピーターにはならないので、営業は大事。

 

営業を効果的に行うには

特徴とベネフィットを上手く使い分け、

素人にはベネフィット

詳しい人には特徴を話すことで

刺さるトークが出来る。

 

睡眠チェック

今日は割と短かったですね。

最近の睡眠時間の平均が6時間未満なので

ちょっと少ないのかもしれません。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161111215531j:plain

 

睡眠時間を削っても

返って効率が悪いのは分かっているので

睡眠時間はしっかりと確保したいと思っています。

 

夕飯の時間を長く取ってしまう癖があるので

少し考えて夕飯を取りたいと思います。

 

では今日はこの辺で

 

こっしー