こっしーのドリーム図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっしーのドリーム図書館

本の要約と感じたことを発信しています。

小さな巨人の大きな想い

こんばんは。どうも越川です。

 

 

今日の本は中島芭旺(ばお)君の

「見てる、知ってる、考えてる」

という本です。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161119224316j:plain

 

ん?くん?

 

お前いつから著者を君付けするようになったん?

と思うと思いますが、

そうなんです。

 

芭旺君は僕より年下の子です。

しかも10個も年下。

 

つまり10歳です!!

 

僕自身本を書きたい!と思い、現在執筆中ですが、

うわ!やられた笑

という思いが正直ありました。

 

まあ年は関係ないし、比較するつもりもありませんが、

10歳で本を書くという事がすごいと思いました。

 

ちなみに今、芭旺君は学校に行っておらず

自宅学習という形をとっています。

「自分で選択して学習」

「好きな人から学ぶ」がモットー。

 

いやあ、10歳だと小学4年生ですか。

こんなこと考えもしなかったですよ。笑

 

モットーなんてないし。笑

 

では要約から参りましょう!

といいたいところなのですが、

この本は芭旺君のポエムというか

詩みたいな感じなので、

特に刺さった3つを上げたいと思います。

 

 

要約

 

絶対にできないことなんてない。

 

絶対にできないことなんてない。

1回だけやって絶対無理というのはおかしいと思う。

1回もやらずに絶対無理というのはもっとおかしいと思う。

何度も挑戦して無理だったら工夫してみる。

それを繰り返せば絶対にできる。

 

成功するまでやる。

成功するまで。

 

 

これは子供の芭旺君だからこそ

説得力のある言葉かもしれません。

 

やはり大人になっていって、

諦めるというのを覚えてきてしまった気がします。

 

小学生の頃は出来ると思っていたことでも

中学生になって、すごいやつに出会い

現実を見る。

 

僕はまさしくそうでした。

小学生の頃夢見ていたプロ野球選手。

 

f:id:sepatakuro-0207:20160924115943j:plain

 

でも中学生になって、

すごいやつを見るようになってからか

「俺には無理だ」

と思ってしまい、勝手に自分に蓋をしている自分がいました。

 

でもそんなことやってみなきゃわからない。

それで大した努力もしないで、諦めた姿が

今の僕。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161119230035j:plain

 

だからもうそんな人生を送るのは嫌だし、

自分のなりたい姿を毎日真剣に思っていれば

絶対になれる時が来る。

 

成功するまで信じ続ける。

成功しても信じ続ける。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161119225559j:plain

 

これからは自分を信じて

なりたい自分になる!!

そう決めたからこそ響きました。

 

 

僕の最大の長所

 

僕の最大の長所は

一人では何もできないこと

それを知っていること

助けてっていえること

 

 

やっぱり年齢を重ねていくと

プライドも高くなっていきます。

 

それに責任感というもの出てきて、

一人で何でもやらなきゃという気持ちも出てきます。

 

でも人間一人では生きていけません。

だからこそ人の力が必要です。

 

人に頼れる力も僕は才能だと思うし、

自分にはここが出来ないから助けてほしい

と言えることってとてもすごいことだと思います。

 

変なプライドは捨てて、

自分の出来ないところは認める。

そして出来ないところは仲間に委ねる。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161119230631j:plain

 

その為に仲間っていると思うし、

「助けて」って言える仲間がいる事って

とてもいいことだなって思います。

 

「僕は僕でありたい」

 

どうなりたいかという質問に僕は

「僕は僕でありたい」と答えている

世界中みんなが自分であるということは

正解が無いって言うこと

 

正解のない世界で生きていく僕達は

好きな事をやる勇気が必要だ

 

自分の勘を大切に

自分に正直に

自分が好きな事をやる勇気に

 

 

やりたいことって自分じゃないと分からないし

自分のやりたいことって本能的なものだと思います。

 

自分の本能的なものって大人になっても変わらないし

だからこそ自分の勘って重要だなって思います。

 

自分の人生だから人にあーだーこーだ

言われる筋合いもない。

決めるのは結局自分。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161105211002j:plain

 

もちろん言っていただけるアドバイスには

耳を傾けるべきだと思いますが、

否定する人や、バカにする人はほっとけと。

 

自分の人生を自分で決めて何が悪いのか。

自分で決めるから責任が生まれるし、

人が決めた人生で生きていたら

何の為に自分がいるんだろうって思います。

 

だからこそ自分の存在を大切にしたいです。

 

だって憧れている人になれないけど

自分になれる人だっていない。

だから自分自身を大切にして

自分らしさを大切にしていきたいと思います。

 

人生にどれが正解かはないと思います。

 

億万長者になればいいのか

可愛いお嫁さんを貰えばいいのか

サラリーマンで平均年収をもらって生活するのか

 

人によってそれぞれだと思います。

だから人生は自分で正解にしていくもの。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161118213737j:plain

 

正解の人生を探すのではなく、

自分の人生を正解にしていくこと。

そっちの方が大事だなって思いました。

 

 

まとめ

10歳でこんなことを思っているなんて本当にすごいです。

だからこそ年齢って関係ないって思ったし、

学生だからっていう言い訳はしたくない。 

 

芭旺君の本を見てますますやる気が出ました!

年は関係ない。やったもん勝ち。

 

自分のだから後悔したくないし、

自分のやりたいことはとことんやり続けたい。

 

その為には人の力が必要だから

人に対しての感謝の気持ちを忘れてはいけないし、

自分本位にならず、仲間を大切にして

最幸な人生を過ごしていきます!!

 

明日は主催のイベントがあるので、

楽しんでやりたいと思います!!

 

では今日はこの辺で

 

こっしー