こっしーのドリーム図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっしーのドリーム図書館

本の要約と感じたことを発信しています。

成功哲学 ♯3 ~成功する人としない人の0.1%の違い。それは自分を信じるか信じないか~

f:id:sepatakuro-0207:20161209143915j:plain

 

こんばんは。どうも越川です。

 

先日うちの愛犬が家に来て1年になりました。

これうちの愛犬です。

 

 

可愛いんですよー笑

f:id:sepatakuro-0207:20170131181726p:plain

 

 

トイプードルとマルチーズのミックス犬なんですけどね

まあ可愛い。

 

 

しかしトイレが覚えれらない。笑

でも僕は愛犬が必ずトイレが出来るようになると信じております。

 

何故なら愛犬の可能性を信じているからです。

そして今日のテーマが信念だからです。笑

(なんというこぎつけ。)

 

・・・

 

・・・

 

 

さあ成功哲学要約3日目。

今回は「信念」です。

 

では要約参りましょう!!

 

 

要約

 

信念とは

信念とは

自己暗示によって誘発される心のありよう

 

のことです。

 

 

昨日は燃えるような明確な願望が重要というお話をしました。

 

燃えるような願望とは

心の底からそれを望んでおり、

自分はそれを心の底から信じている状態です。

 

 

成功する人としない人の違いは

自分が成功すると最後まで信じるか信じないかの違いだそうです。

 

 

ちなみに人間は99.9%同じ遺伝子だそうです。

でもあれだけ成功している人としていない人の差が

開いてしまっています。

 

 

ではそれは何故なのでしょうか?

それは自分の可能性を信じているかどうか。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170131180658p:plain

 

もう一度言いますが、99.9%の遺伝子は同じです。

これは京都大学の研究結果で明らかになっています。

 

 

f:id:sepatakuro-0207:20170131180729p:plain

f:id:sepatakuro-0207:20170131180736p:plain

 

参考:http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/genomemap/

 

 

つまり人には大した差はなくて

重要なのは、自分の可能性を信じているかいないか。

 

 

フォードは教育を6年間しか受けていないんです!

エジソンは1万回失敗しているんです!

マルコーニは友人に精神病院に連れていかれているんです!

 

 

そんな中でも自分の可能性を信じ続けた。

だから成功することが出来たのではないでしょうか。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170131181000p:plain

 

 

例え願望があったとしても、

燃えるような願望があったとしても

それを信じることが無かったら

信念が無かったら

人に言われても、失敗しても

土俵から降りてしまったら何の意味もありません。

 

 

だから自分の願望を何が何でも信じること。

絶対にあきらめてはいけないのです。

願望を思い描き、それを信じ切ること。

 

 

 

しかしいくら信念信念といったとしても、

そもそもの話、自分を信じることが出来ていなかったら

信念は醸成されません。

 

何故なら自分を信じれていないと

自分がやろうとしていることを信じることが出来ないからです。

 

 

 

自信とは自分を信じると書きます。

自分を信じるんです。

他人と比較した評価ではありません。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170131181149p:plain

 

もちろん他人と比較することは仕方ありません。

 

でも自信とは、自分自身で作り出すものです。

ではその自信とはどのように作り出すのでしょうか。

 

 

自信の公式

 

自信を作りだす公式として、6つあります。

それを一つずつ紹介していきます。

 

 

①私には、人生の明確な目的で、

その対象としたものを

達成する能力があることが分かっている。

 

だから私は、その達成のために

あくまでも粘り強く取り組むことを

自分自身に求め、今ここで、

そうした自身の有効に働いてくれる

潜在意識の中に取り込んでしまえばいい。

 

先程紹介した通り、

人間の遺伝子は99.9%同じと言われています。

つまりその残り1%は自分の才能を信じるか信じないか。

 

それによって差が出るのです。

その目的(願望)を「自分には出来る!」

とどれだけ信じることが出来るか。

 

 

前回紹介したトーマス・エジソン

彼は1万回失敗しています。

でもあれだけ挑戦できたのは

自分が出来ないと決めつけなかった。

つまり最後まで自分を信じ切ったからなのではないでしょうか?

 

もし1万回やって、諦めて1万1回目をやらなかったら

電気は存在していなかったかもしれませんね。

 

 

➁私は、自分の心を支配している思考は

やがて外部への物理的な行動を続けるうちに増殖する、

そしてしだいに物理的な現実に生まれ変わる、

と認識している。

 

したがって、私は自分の思考活動を毎日30分間、

自分がなりたい人物について考え、

それによって心の中にそうした人物のはっきりとして

絵を描くという仕事だけに集中するとしよう。

 

まさに「思考は現実化する」

といった言葉ですね。

どちらも著者はナポレオン・ヒルです。

 

これは知力の部分でお話しした

思考が行動を創り出すということですね。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161210211840p:plain

 

人は思考をすることで行動を移す為、

思考を自分を信じることにシフトすることが出来れば、

行動も、自分を信じている行動が出来るのではないでしょうか?

 

 

➂私は、自己暗示の原理のおかげで、

自分の心にしっかりと抱き続けているどんな願望もやがて、

自分の心がそれを達成するための

現実的な方法を見つけると思っている。

だから私は、毎日10分、

自信を育てろと自分自身に言い聞かすことに使おう

 

冒頭にお伝えした

信念とは自己暗示によって誘発される心のありよう

である。

 

ということを紹介しました。

 

ルフィは毎日アファメーションしていますよね。

「海賊王に俺はなる!!」

 

f:id:sepatakuro-0207:20170131181435p:plain

 

毎日自分の願望を自己暗示により

自信に変えていっていますよね。

 

まさに自信というのは、自分で作り出すという事が

説明されている文ではないでしょうか。

 

 

④私は、人生における明確な主目的の内容を具体的に書き出した。

そして、目的達成のための自信を十分に付けるまで、

決してその為の努力をやめることはない。

 

願望(明確な主目的)は信じることが出来ないと

達成することが出来ません。

それは前回お話ししましたね。

 

成功は成功を意識している人に訪れる

失敗は失敗を意識してしまっている人に訪れる

 

自分を信じることが出来ていないと

「願望が達成できないのではないか。」

「自分が思っていることは間違いなのではないか。」

というように疑心暗鬼になってしまいます。

 

それでは失敗を無意識に意識してしまいますよね。

だから目標を達成し、自信を付ける為、

常に努力をし続けるのです。

 

 

➄私は、富や地位というのは、

真実と正義の上に築かれない限り、

決して長くは続かないことをよく理解している。

したがって、私は関わっている人たち

みんなの為にならない交流には一切関わらない。

 

自分が使いたいと思う様々な力と、

周りの人達の協力を自分の味方につけることによって、

成功を成し遂げよう。

 

「周りの人達の力になりたい」

 

という私の意欲を示すことによって、

周りの人達が私の力になってくれるようになる。

憎しみ、妬み、そねみ、わがまま、そして皮肉といったものを、

全ての人達に対する愛を育むことによって消し去ってしまおう。

 

何故なら私には、

他人に対する後ろ向きの行動をしてもいても成功など

無理な話であることが分かっているから。

周りの人達と自分自身を信じているからこそ、

周りの人達に私の事を信じるように持っていこう

 

 

愛なき力は暴力。力なき愛は無力。

これはアメリカのキング牧師という方が言った言葉です。

 

愛が無い力。つまり思いやりのない力は暴力です。

いじめや差別。体罰など。

このようなものに

「周りの人達の力になりたい」

と思えない力は正義でも何でもなく、

人間関係を崩壊させるという最悪なケースです。

 

 

一方で力なき愛は無力。

これはどれだけ

「周りの人達に尽くしたい」

と思っていても、力になれないということです。

 

以上の2点のリーダーはすぐに降格してしまいます。

何故なら暴力は人間関係を崩壊させるため

デモやストライキが起こります。

フランス革命絶対王政

 

力なき愛は人に尽くせない他、

周りの不安も煽ってしまいます。

結果としてデモやストライキが起こります。

大政奉還

(力が無い徳川幕府に腹を立てた幕末の志士達が一旗揚げた)

 

まあ要はどちらも

デモやストライキ等の反対運動が起こってしまうのです。笑

 

 

愛と力がある人こそが成功に近づきます。

そして成功する為には成功するにあたって

効果的な方法以外必要ありません。

 

つまりネガティブな要素は必要ないのです。

だから思考や行動をポジティブなものに管理し、

無駄な場所には足を運ばない。

 

そうすることで成功に対するマインドを

がっつりと脳内に叩き込みます。

 

 

⑥この公式に著名し、しっかりと記憶にとどめ、

毎日大きな声で繰り返そう。

自分の思考と行動に徐々に影響を与えることによって、

独立独歩の成功した人物になるという確固とした信念を持って。

 

そしてこの自信の公式を信じ、

毎日毎日大きな声で繰り返すこと。

つまりアファメーション(自己暗示)です。

 

そうすることで思考が自信を創る事にシフトされ、

自信を育むための行動を選択することが出来ます。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。この自信の公式。

ここから分かるように、自信や信念を創り出す

出発点は自己暗示なのです。

 

自分を信じるか信じないかは

あなた次第なのです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170131182411p:plain

 

※本物です

 

では自己暗示とはどのように行えばいいのか。

どうすれば成功のマインドを頭の中に叩き込めるのか。

それを次回

「自己暗示」

で紹介していきます。

 

今日もいい記事が書けました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

では今日はこの辺で

 

こっしー