こっしーのドリーム図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっしーのドリーム図書館

本の要約と感じたことを発信しています。

ブログ100記事目!みなさんありがとうございます!!

こんばんは。どうも越川です。

 

なななななんと!!

 

今回の記事で記念すべき100記事目になりました~

 

ブログを始めて約5か月。

たくさんの学びがありました。

まさかここまで続くとは思いませんでしたが。笑

 

これも皆さんが応援していただいているおかげです。

本当にありがとうございます。

更にいい情報を届けられるように精進してまいります。

 

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

 

さてさて、

 

今日の本は

 

「夢を叶えるゾウ」

 

f:id:sepatakuro-0207:20170218094832p:plain

 

という本です。

 

 

とりあえずこの本はまあ面白い。

 

何が面白いかっていうと

主人公と、このゾウのやり取りが面白い。

 

 

軽く内容を説明すると

ある普通の会社員のお話し。

 

「おい。起きろや」

 

聞き覚えの無い声で起きた彼はある現象に気付きます。

 

なんと目の前にはゾウがいるのです。

 

こんな感じの

f:id:sepatakuro-0207:20170218095230p:plain

 

化け物ですよね。笑

 

このゾウの名前はガネーシャ

インドで一番人気のある神様です。

 

 

それもそのはず、ガネーシャは「商売繁盛」の神様。

 

インドのみならず、世界中で崇拝されている有名な神様です。

 

 

たまたま主人公がインドに旅行に行ったときに

このガネーシャの置物を買いました。

そのガネーシャが主人公にお供をするという

何とも奇怪な物語な訳であります。

 

要はドラえもんが付いたみたいなもんです。笑

 

 

そしてこの主人公とガネーシャと絡みが面白い。

 

 

ガネーシャはインドの神様にもかかわらず

何故か口調は関西弁です。笑

そしてあんみつが大好きなまあ言ってしまえば

大阪のおっさんみたいな感じです。笑

 

でもすごくいいやつなんです。笑

 

ガネーシャは歴代の偉人達を成功に導いてきたそうです。

 

モーツァルトピカソカーネギーも。

最近ではビル・ゲイツやスティーブジョブズも。

 

 

トーマス・エジソンくん知ってるやろ?あの子もわしが教育したんやで。」

 

みたいな。笑

何とも胡散臭い。笑

 

 

この物語は主人公にガネーシャ

成功する為の課題を1日1つ出し、それを主人公がクリアし

成長していく物語です。

 

 

今回はその課題を説明していきます。

その中でも特に自分がいいなと感じた課題を抜粋していきます。

 

 

ガネーシャの課題

 

靴を磨く

 

f:id:sepatakuro-0207:20170220000745p:plain

 

これはよく聞く話かもしれません。

 

靴磨きなんてしてて意味があるの??

 

そう思った方もいると思います。

現にこの主人公もそう言っています。

 

 

そこでガネーシャはこう言います。

 

「自分、イチローくん知っとる?」

 

イチローくん。。。笑

 

イチローくんはな、他の選手が帰っても、ずっと残ってグラブ磨いてんのや。彼はな、小学生の事からそうしとんのや。『神聖な商売道具を粗末に扱うことは考えられない』言うてな。そういう仕事に対するまっすぐな姿勢があるからメジャーでずっとトップ取れてるんやで

 

 

では皆さんにとっての商売道具って何でしょうか?

 

・・・

 

・・・

 

 

です。

 

 

まあこの流れからすると1000%靴ですね。笑

 

 

では何故靴なのか?

 

靴は外に出ている時に常に私たちを支えてくれています。

 

確かに思い返してみると

先日紹介したこちらの本にも靴は大事にしろと書いてありました。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170213012721p:plain

 

 

確かスゴイ営業マンを見ると靴はピッカピカです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170220001005p:plain

 

メラビアンの法則って知っていますか?

人間はその人の55%を視覚の情報で判断するというものです。

 

残りは聴覚の印象が38%。

話の内容が7%と言われています。

 

 

だってブクブクに太っている人が

ダイエットのコツの話をされても絶対に信用できないですよね。笑

 

 

だから見た目ってすごく大事です。

それが現れるのが靴。

スーツはクリーニングに出せばきれいになるけど

靴はそうはいかない。

靴を見ればその人が分かるというのはこういうことなのかもしれませんね。

 

 

ガネーシャの課題その1.

靴を磨く

 

 

コンビニでお釣りを募金する

 

次の課題は募金です。

気軽にできるのはコンビニなので、募金をするとしたら

コンビニが一番手っ取り早いでしょう。

f:id:sepatakuro-0207:20170220003040p:plain

 

 

「自分ロックフェラーくんって知ってる?」

 

ロックフェラーくん・・・笑

 

f:id:sepatakuro-0207:20170213014218p:plain

 

ロックフェラーくんはな、スタンダード・オイル社ちゅう会社を創った石油っ子なんや。まあ言うたら億万長者や。でな、このロックフェラーくんはな、昔からずっと続けてきたことがあるんや。それが寄付なんや。ロックフェラーくんは収入の1割を寄付し続けているんや。全然お金が無い時でもやで。この収入の1割を寄付するという習慣はありとあらゆる分野で優秀な人材を送り出しとるユダヤ人の律法書の中にも書かれてるんやで。『汝の収入の10%を分け与えよ』てな。まあこのくらいロックフェラーくんのやってた習慣は世界的にもスタンダードっちゅう話やな。スタンダードオイル社だけに。

 

 

・・・

 

・・・

 

では何故寄付をすることが大事なのでしょうか?

僕は価値と価値の交換の本質を理解する為だと思います。

 

 

お金持ちになる人はみんなを喜ばせたいと思っている人

お金持ちになりたい人は自分を喜ばせることばかり考えている人

 

つまり価値と価値の交換でいうと

 

価値(与える)>価値(対価)がお金持ちになる人

価値(与える)<価値(対価)が長期的に成功しない。

 

別に後者が悪い訳ではないそうですが。

 

 

でも

価値を与えたくて与えて対価を貰うのと

対価を求めて価値を与えるのとでは

絶対にサービスの質が違うと思いませんか?

 

 

絶対に前者の方がお客さんは喜んでもらえる。

お客さんはそれに見合った対価を払うので前者の方がいい。

そういうことなのかなって思います。

 

つまり利他思考ってやつですね。

 

 

 

これも先程の本を紹介した時のブログにも書きましたが

お金をゴールにしないという事に繋がると思います。

 

 

でもそれは意識していても潜在的にするってなかなか難しい。

だから身近にできる募金。

 

募金は困っている人たちを助けるためにあるので

利他思考を身に付けるにはうってつけ。

 

 

その募金もただ募金するのではなくて

「自分のお金で貧しい人たちを救えるんだ。」

という意識でいれると利他思考が身に着くんだそう。

 

 

誕生日のブログにも同じような事を書きましたね。

 

 

www.sepatakuro.com

 

 

こうして書いていると大体僕って言っていること同じですね。笑

読む本も大体同じだし。笑

まあそれだけ伝えたいという事です。

 

ガネーシャの課題その2.

コンビニでお釣りを募金をする

 

 

やらずに後悔していることを今すぐやる

 

皆さんはやらずに後悔しているものってありますか?

 

人間は約8割の人はベットの上で

後悔をして死んでいくそうです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170220001630p:plain

 

 

それはどんな後悔だと思いますか?

 

 

・・・

 

・・・

 

そうです。やらなかった後悔です。

今まで誰しも後悔してきた経験はあると思います。

 

 

でも、やって後悔したことってありますか?

仮にあったとしても、その後悔ってどれだけ重いですか?

 

 

きっと皆さんの後悔はやらずに後悔

したことの方が多いのではないでしょうか?

 

○○しておけばよかった。

何であの時面倒くさがってやらなかったんだろう。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170210004634p:plain

 

そんな後悔をしている方は多いのではないでしょうか?

 

 

でも、

○○しなければよかった。というような

やって後悔することってあまりないと思うんです。

 

 

そこから学べた事ってたくさんありましたよね?

結果がどうであれ。

 

 

みんな知ってんねん。やりたいことやって後悔せんような人生送った方が幸せになれるってな。でもやらへんねん。何でや?それは、今の自分と同じこと考えているからや。収入、世間体、不安。同じやで。人を縛っている鎖なんてみんな同じなんや

 

 

昨日、高校の同窓会がありました。

久しぶりに会った人たちと近状を報告をしたりしたのですが、

ある子にこういわれました。

 

 

「越川君。大丈夫?最近そういう怪しい人いるから気を付けて。」

 

 

初めて怪しいって言われましたけどね。笑

 

ちなみにその子に何て言ったかというと

 

「自信のない若者に対して講演や本を通して自分がメッセージをして自信がつけてもらって、その人の人生が変わるようなそんな仕事がしたい!だから学生だろうが何だろうが講演をしたり本を書きたいんだ!」

 

って言ったんです。

 

 

怪しいのかな?笑

 

 

まあそれはいいとして、何を言いたいかというと、

「世間体気にしなくなったな。」

っていうことです。

 

 

まだ少しずつの段階ではあると思うんですけどね。

人によってはもしかしたら気にしているかもしれません笑

 

 

でも人に何て言われてもやるぞ!!

って思えているし、絶対に価値を提供する!

と思えています。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170210204706p:plain

 

まだまだ足りないところもありますが

どんどん挑戦できていると思います。

それはやっぱり後悔したくないし

どうせ後悔するならやって後悔したいなって。

 

 

講演をして後悔するより、講演をしないで後悔する

方が嫌ですね。絶対に嫌ですね。

 

 

だから1か月後のセミナーコンテストが本当に楽しみです。

 

やれることは馬鹿みたいにやり切って、

たくさん失敗して、たくさん泣いて、

たくさん笑って、たくさん学ぶ人生にしたいですね。

 

 

ガネーシャの課題

やらずに後悔することを今すぐやる

 

 

人の成功をサポートする

 

ぎょうさんの人が聞きたい夢言うんはな、世の中がそれを実現することを望んでいるということやろ。自分が本当に成功したかったらその一番の

近道は、人の成功を助けること。つまり・・・やん?

そしたらその夢、叶えるのめっちゃ簡単やがな。なんせその夢はみんなが応援してくれる夢なんやから。

 

皆さんには夢はありますか?

 

小さい頃には皆さんあったと思います。

パン屋さんになりたい。

お花屋さんになりたい。

仮面ライダーになりたい。

お金持ちになりたい。

 

ちなみに僕は年少の時の将来の夢は

井上陽水さんになることでした。笑

 

 

3歳で周りの幼稚園生が見ている中で

少年時代を熱唱するというまあ変わった幼稚園生でした。笑

 

 

今、皆さんに夢があるか分かりませんが、

 

あなたの夢は人を幸せにできる夢ですか?

 

例えばお金持ちになりたいという夢。

仮に自分だけを幸せにする夢だった場合。

車が欲しい。家が欲しい。贅沢したい。

 

こんな感じだと思うんです。

 

 

でもそれってから応援されますか?

 

 

俺の夢は金持ちになって高い車に乗って

新宿のタワーマンションに住んで贅沢することなんだぜ。

 

 

・・・

 

・・・

 

応援したくねーー笑

 

 

言い方きついですけど、まあ頑張って笑

って感じです。笑

 

 

でもこれだったらどうでしょう。

 

 

俺の夢はお金持ちになることで、

世界中でお金に困っている人を俺が救いたいと思っているんだ。

 

うん。これなら応援したいですよね。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170220002225p:plain

 

しかも何でそういうふうに思ったの?

とか

どういうキャリアイメージなのー?

とか

興味を持ちますよね。

 

もちろん自分の欲を満たすという事も大事だと思います。

だから自分が幸せになることはとても大事だと思います。

 

 

でも、

自分にベクトルが向いているか、

相手にベクトルが向いているか

でかなり変わってくると思います。

 

 

でも究極皆あいてにベクトルが向くと思うんですよ。

何故か。

それは一人では自己実現が出来ないからです。

 

 

誰かの役に立つこと。誰かの問題を解決してあげること。

その対価(お金や感謝)をもらうことでで自分の欲って

満たされると思うんです。

 

だから相手にベクトルを向けるってとても大事な事。

どんな社会を創りたいのか。

どんな人たちを救いたいのか。

 

 

僕は

「誰もがありのままでいれて自信に満ちあふれた社会」

を創ることが人生の目的です。

 

そして自信が無く、自己肯定感が低い人を

生涯かけて救っていきたいと思っています。

 

 

だからブログもその為にやっています。

 

やっぱりベクトルが相手に向いていると

応援してもらえるし、お金だけではない世界が

分かるのですごくワクワクします。

だからモチベーションを保つことが出来ていると思います。

 

 

僕は発信ってすごく価値があると思っています。

自分の思いを発信することで

周りが協力してくれるようになります。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170210004320p:plain

 

 

例えば人脈であるとか、情報であるとか。

それが増えればかなり強いですよね。

 

だから僕も人の成功はサポートしたいし

仲間や同志ってそういうものだと思うんですよね。

だから人って大事にしていきたいし、同じ志を持った

仲間で共に前に進んでいきたいと思っています。

 

 

ガネーシャの課題

人の成功をサポートする

 

 

毎日感謝する

 

感謝は本当に大切だなって思います。

 

自分らは、お金も、名声も、地位も、自分で手に入れる思てるかもわから

んけど、ちゃうで。むしろ逆やで。

お金は他人がお前にくれるもんやろ。

名声は他人がお前を認めてくれたからくれるもんやろ。

全部、他人がお前に与えてくれるもんなんや

 

 

先程も述べたように人間って一人で生きていけません。

テレビで観たのですが

 

女優の深津絵里さんが

モントリオール国際映画祭の授賞式でこんな事を言っていました。

 

「私の力ではありません。皆で勝ち取った賞なのです」

 

日本の女優で世界的に認められた賞です。

それを私の力ではなく、皆がいたから勝ち取ることが出来た。

 

そんな考え方が出来るって本当に素晴らしいなって思いましたね。

 

 

こういう方ってやっぱり応援したくなりますよね。

でも本来は当たり前のことです。

だってお金だって、地位だって、能力だって

周りの人がいるから成り立ちます。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170220002525p:plain

 

能力なんて本当にそうだと思います。

インプットにせよ、アウトプットにせよ

誰かがいるから成立するものであって

決して一人ではできません。

 

だから自分は世の中の多くの方々のおかげで

生活でき、成長できているんだなって思います。

その気持ちを忘れないことって大事だなって思いますね。

 

 

そうすれば変なプライドもなくなり、

吸収が早くなるので成長も早いでしょう。

 

常に誰かに感謝して、もちろん自分にも感謝して

ありがとうが絶えない毎日にしていきたいですね。

 

ガネーシャの課題

毎日感謝する

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

この本はとにかく読んでほしい!

本当に面白いです。

ユーモア的にも面白い本です。

 

でも、ガネーシャが言っていることって本当に大事だと

思うし、何で大事なのかが意味づけが出来るので

すごくいい本だなって思いましたね。

 

 

ちょっと今回は長くなってしまったので

これくらいで失礼します。

 

 

今日もいい記事が書けました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

では今日はこの辺で

 

こっしー