こっしーのドリーム図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっしーのドリーム図書館

本の要約と感じたことを発信しています。

ミランダ・カーってかっちょええ。

こんばんは。

相変わらず季節の変わり目には慣れない越川です。

 

 

中々厄介ですよね。

寒かったり暑かったり。

 

 

もう春になるならなってくれというのが切実な思いです。笑

 

 

さてさて、

 

今日は

 

ミランダ・カーの「TREASURE YOURSELF」という本です。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170307000118p:plain

 

あのミランダ・カーが本を書いていたんだ!!

 

って思う方も多いのではないでしょうか?

 

 

書いているんですよ~。

この本マジで良本なので本当にお勧めです!

 

では内容参りましょう!

 

目次

 

要約

 

ミランダ・カーも順風満帆の人生ではない

 

皆さんは彼女をどのように見ているでしょうか?

 

キレイでスタイルもよくてモテモテで

成功しているモデル。

そんなイメージなのではないでしょうか?

 

でも彼女の人生も波瀾万丈だったのです。

ここで少し彼女の人生について振り返ってみましょう。

 

 

ミランダはオーストラリアのガネーダという

自然豊かな場所で育ちました。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170214203300j:plain

 

 

ミランダは高校を卒業した後、

シドニーに引っ越してモデルの仕事を本格的にスタート。

そこからモデル業で生計を立てていきます。

 

 

 

f:id:sepatakuro-0207:20170306234124p:plain

 

 

コンスタントに仕事が入ってきて、

海外でも仕事が回ってくるようになりました。

 

 

順風満帆に出来事が進んでいった彼女ですが

ある時、当時付き合っていた彼氏が

交通事故で亡くなってしまったんです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20170306190232p:plain

 

その彼氏は

 

「この先ずっと一緒に生きていこうね」

 

と将来を誓い合った彼氏だったために、

まるでブラックホールに落ちてしまったような気分だったそうです。

 

 

しかし、彼女は自然豊かなガネーダで育ったというのもあり、

豊かな自然を見てきました。

そして季節の変わり目がすごくよく分かっていたそうです。

 

春から夏へ。夏から秋へ。

 

全ては移り変わっていくものだと。

それを彼女はガネーダの自然を通して学んだそうです。

 

 

そんな感性豊かなミランダ・カー

 

素晴らしいですよね笑

 

 

ありのままを大切に

 

ミランダはすごくありのままを大切にしています。

読んでいてものすごく共感してしまいました。

 

特に彼女のメッセージで共感したのはこの文。

 

本物あなたは世間から見えて完璧じゃなくてもいい。

とにかく”リアル”で”本物”の”自分”を忠実に生きているかどうか。

それが何よりも大切。

 

別に世間から完璧に見られなくてもいいと思うんです。

だって完璧な人なんていないから。

 

 

だからこそあなたのありのままを存分に出してほしい。

それが一番大切。

 

 

f:id:sepatakuro-0207:20170214203716j:plain

 

強いて言うならあなたが100%ありのままでいることこそ

完璧じゃないのかなって思います。

 

 

他人から評価されたものが本当にあなたの価値なんですか?

 

 

・・・

 

・・・

 

 

違うと思うんですよね。

 

 

そもそも誰にだって価値はあるのだからあるないの問題ではない。

あなたには価値があるんですよ。

だから自分らしさを存分に表現していいんですよ。

 

 

誰の人生ですか?

あなたの人生ですよね?

 

 

もちろん人からの評価って大事だと思います。

でも、評価されようと動いている人ってこういわれるんです。

 

 

点数稼ぎ

 

 

これは僕が高校生の頃のあだ名でした。

僕はそんなに野球が上手くなかったので、

プレー以外の面でもチームに貢献しようと思っていました。

 

 

だから他の人よりグラウンド整備にはこだわったし

挨拶や掃除もしっかりとやっていました。

 

 

 

でもこういわれるんです。

 

 

「おい。もういいよ点数稼ぎは」

「いい人で終わるぞ。」

 

 

別にそんなつもりでやっていたわけではないけど

そんなことを言われるんです。

挙句の果てには先生からも言われるようになりました。

 

それが嫌で嫌で仕方なくて

気が付いたら余計点数を稼ぐための

仕草をしてしまっていました。

 

 

f:id:sepatakuro-0207:20161103180706j:plain

 

本当に辛かったんです。

自分が良しとしてやっている行動を

普通に馬鹿にされるし非難されるんです。

 

 

だから僕は伝えたいんです。

 

 

人の評価を気にして生きるな

 

 

と。

 

 

所詮その人が独断と偏見で評価しているだけです。

もちろん評価していただけるのはとてもありがたいことです。

僕は評価制度がダメと言っているのではなくて

評価を気にしすぎるのは良くないという事を言っています。

 

 

人の評価ばかり気にして生きていたら面白いですか?

 

 

僕は欠点があってもいいと思うんです。

欠点があって人間なんです。

短所があるから長所があるんです。

 

だったらそれを存分に表現したらいいじゃないですか。

短所を無くすってことは長所も無くすってことですよ?

 

何故なら長所と短所は表裏一体だからです。

 

 

だからこそありのままでいてほしいって思います。

 

 

美は内面から

 

さて、次は特に女性の方には読んでいただきたい項目です。

→ていうか必須です。笑

 

”内面の美”を発している女性たちは、周りの誰にとっても魅力的。あなたもあったことありません?どこがどうとはうまく言えないけど、なんだかたまらなく惹かれてしまう、そんな人に。男性にも女性にもいるんですよね。でも世間一般の基準で「オシャレ美人」とか「イケメン」に入るとは限らない。彼らはむしろ、自分の生まれ持った身体や心をしっかり受け入れて、あらゆる部分を認めている人なんです。そう、美しさは物理的に決まるものじゃない。自分の事をどう思っているかどうか・・・という内面から生まれるもの。

 

 

僕はこれがスーパーモデルのミランダが言っているからこその

説得力だと思いました。

 

 

つまりあれだけ美しい彼女が

外見ではなくて中身が大事だと言っているんです。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161115173213j:plain

 

 

皆さんの周りにもいませんか?

 

 

なんか顔立ちがそこまで良い訳じゃないけど

すごくモテたり、人気のある人。

 

「なんかかわいいんだよね~」

みたいな。

 

 

そこで僕はハッとして他に例があるのかを

調べてみたんです。

 

 

そしたら案の定予測的中でした。

 

 

誰を調べたかというと

AKB48のさっしーこと指原莉乃さんです。

 

さっしーは総選挙にて1位を何度も獲得していますが

よくいじりでブスだとか言われていますよね。

 

本人もそれを自覚しているみたいですが。

 

もちろんアイドルなので可愛いですよ。

でも、芸能界に入るとという事です。

 

 

彼女はこんな事を言っていました。

 

 

「私は自分の外見は自身が無いけど、自分の人生には超自信がある。自分の人生は一番良いし、それに関しては誰にも負けないと思っている」

 

 

とても素晴らしいですよね。

自分の人生は素晴らしいんだという内面的な美しさが

彼女にはあるんだと思います。

 

 

だからあれだけの人気が出るんだなって思います。

 

ちなみにあっちゃんこと前田敦子さんも同じ考え方だそうです。

 

 

結局中身が大事。

 

よく、恋人が出来た人がキレイになったりしますよね。

「あれ?今恋してるな?」

 

みたいな下りがよくあると思いますが。

 

f:id:sepatakuro-0207:20161108211359j:plain

 

それは別に化粧が上手くなったとか、そういうことではなくて

恋人のためにきれいになりたいという内面的な綺麗さが

出ているから美しく見えるんだと思いました。

 

 

さてさて、このブログでもさんざん言っている

アファメーション

特に成功哲学シリーズでよく話しますよね。

 

もちろんミランダもアファメーションをしています。

この本には前半にミランダの考え方について書かれており、

後半はミランダが好きなアファメーションが書いてあります。

 

 

今回はそのアファメーションを3つ紹介しましょう。

 

アファメーション

 

自分らしく生きることにリスクはありません、それが究極の真実だから、怖れません。

 

怖れずに決意しよう。まぎれもない自分の人生を送ること。

リアルで本物で、真実の私を生きること。自分こそ究極の真実。

 

これはウェイン・W・ダイアーさんのアファメーションです。

 

自分が自分らしく生きること。

それが究極。まさにそうだと思います。

あなたがあなたらしくいることが一番素晴らしいんだと

このアファメーションからよく分かりますね。

 

 

さて2つめ。

 

年齢は、全く夢を叶える妨げになりません。

 

夢は今、とても大切。イマジネーションとパワーを無限に広げよう。

夢の実現は何ものにも邪魔できない

 

これもウェイン・W・ダイア―さんが言ったアファメーションです。

 

最近僕が大好きな言葉。

 

 

やりたいことやったもんがち

 

 

これがまさに凝縮されたアファメーションなのでは

ないでしょうか。

年齢なんて関係ないんです。

 

やっちゃいましょう。

いつの時代も時代を作ってきたのは若者なんです。

 

 

たった一度の人生。

やりたいことをやるだけやって後悔ない人生を生き切りましょう。

 

 

そして3つめ。

 

これは僕が言うのは少し失礼かもしれませんが

ちょっとみてください。

 

 

最新の流行やメイクの奴隷にならなくても、自分らしくあればいいのです。

 

自分にあるものも、ないものも、全部それでパーフェクト。

表面的なものが価値を決める訳じゃない。

そのままの自分に満足して、ハッピーでいよう。

 

 

これはミランダが尊敬している

ルイーズ・L・ヘイという方が言った言葉です。

 

 

僕は男なので化粧をしないため分かりませんが、

常に流行を追い求めなくてもいい。

もちろん流行に乗るのも大事ですが

自分らしさを忘れてはいけないと思います。

 

 

表面的なものが決めるんじゃないんです。

だからあなたが本当に着たいものを着ればいいし

身にまとえばいいと思うんです。

 

それがあなたらしさであるから。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか。

 

僕が読んでいて思った事。

 

 

ミランダ・カーかっちょいい

 

 

この本は本当に読んでいただきたいです。

特に女性には。

もう必読書です。笑

 

 

それだけミランダ・カーの生き方ってかっこいいし

素晴らしい考え方をしているなって思いますね。

 

 

では今日はこの辺で

 

こっしー